アメリカ商工会議所の7月号に、インタビューを掲載頂きました | Interview with American Chamber of Commerce

Thanks ACCJ for a nice summary of my career to date. I could have probably made smarter choices, but something inside me continues to empower me to create something new. Going forward, hoping to channel my energy to the future of kids’ learning in Japan and beyond. Humbling to challenge new domain at my age, but thanking inspiring colleagues and friends in sharing their insights, knowledge, and passion.

アメリカ商工会議所の冊子で、今までのあゆみとこれからについて、素敵にまとめていただきました。最近私は何をやってる人なんですか?と聞かれることが何度となくあるので、こちらを使わせていただこうかと思います 笑。やり直すんだったらとか思わず考えますが、色々なご縁でインターネットの黎明期に生き字引的に色々な経験をさせて頂いたのは、今思えば笑っちゃうような事も色々あり、ジェットコースターの20年でした。

日本が働き方革命というトレンドの中で、子供達が、性別に関わらず自分の力を出し切れる、そんな世の中作りの一助となればと思い、今後も泥臭く頑張っていこうと思います。

記事はこちら

Women: Full STEAM Ahead

グロービス知見録に、SXSWedu2017 や AIと教育についてのセミナー動画がアップされました

グロービスAI経営教育研究所 所長の鈴木先生と、今年のSXSWedu 2017のハイライトや、AIと教育の潮流についてお話をさせて頂きました。

今年のSXSWeduに行きたいけど行けなかった!という方は是非ご覧ください。

日本でも話題になってきた、21世紀時代のリベラルアーツ教育のモデル高等教育の1つであるミネルバ大学についても共有させて頂いております。

参考記事

大学本来の学びを取り戻し、真のリーダーを育成する〜7つの都市に滞在して学ぶ全寮制「ミネルバ大学」創立者に聞いた熱い思い

Web in Travel (WIT) での対談についてのインタビュー記事が掲載されました | WIT

先日登壇させて頂いた、オンライントラベルのプレミアカンファレンス、Web in Travel カンファレンスでの対談の内容が記事としてアップされました。これから起業を考えられている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

Thanks WIT for summarizing my conversation with Aya san! Hope I shared something useful for new startup founders.

The Millennial Traveller: Peatix’s Emi Takemura on life beyond your startup

 

クーリエジャポンに、未来の働き方インタビュー記事を掲載頂きました | Courrier Japon Interview

クーリエの「ウォートンに聞け!」コーナーで、本荘先輩に取材頂きました。

フェロートして現在お仕事させて頂いているミスルトゥでのプロジェクトや、これからの働き方や英語の習得などについて、共有させて頂きました。

Vol.28 「会社より小さな単位」が主流になる準備はできていますか?|ウォートンに聞け!

Sasuga Communications さんに、コミュニケーションスキルに関する取材を頂きました。

昨年度の夏に挑戦したTEDx でご一緒した Helen Iwata さん率いる、Sasuga Communications さんに、私がコミュニケーションで心がけているポイントについて取材を頂きました。Helen さんは、元 McKinsey & Company でコミュニケーションに関するコーチングをコンサルタントに長年行っていらっしゃった方で、日本と欧米の文化の違いを超えたコミュニケーションについて、深い経験をお持ちです。グローバルコミュニケーションについてご関心のある方は、是非彼女が最近出版された書籍もお手にとってみて下さい。

英語の仕事術 (著者:Helen Iwata) ¥1,620

コミュニケーションというのは One Fits All の無い分野ではありますし、シチュエーションで異なった要素が必要となりますが、よろしければ一経験談としてご参考下さい(注意:記事は英語です)!

Women2.0 (米国女性テクノロジーリーダー支援団体) にご紹介いただきました

Women 2.0 Top Page
Women 2.0 Top Page

Women 2.0 についてご存知でしたでしょうか?今回ご縁があり、私の起業にまつわるストーリーのインタビュー記事を、Julie Takeo さんによりWomen 2.0に掲載いただいたので、この素晴らしい団体について紹介したいと思います。

2006年にテクノロジー領域で働く女性の起業支援をすることで、多様性とインクルージョンを目指すという目的でShaherose Charania さんにより設立されました。

この10年で、100名の女性起業家が扉をくぐり、実際に115名が起業に成功し、$100MM (約110億円)の資金調達にも繋がったという実績があるそうです。Unreasonable Institute は100社以上で近い金額なので、優れたテクノロジー企業の調達力はすごいですね!

アドバイザーには、TechStars や 500Startups のエグゼクティブなど大勢の女性テクノロジー関係者が関わっており、グローバルに女性起業家のムーブメントを仕掛けられています。

順風満帆に見える Women2.0 なのですが、なんと今月からリーダーシップが代わり、B-Corpに進化していくという記事を読みました。日本は創業者が居続ける傾向がありますが、アメリカは、新しい時代には新リーダーをという思い切りがありますね。背景としては、まだまだではあるが、女性のテクノロジー企業での活躍の為に会社で体制がととのってきているし、女性起業家比率も2014年に18%まで増えたので、次のフェーズへ成長させたいということのようです。

今後は、人材採用、創業から投資、リーダーシップと幅広く女性のテクノロジーリーダーを支援していかれるそうです。このスケールで展開できる人材のすそ野の広さは流石ですね。新しいB Corpとしての成長が本当に楽しみです。 また、新しいリーダーのお二方も、素晴らしい経歴をお持ちで、今後日本でも何か関わりが持てると素敵だなと妄想しております。

すそ野の広さで痛感することですが、日本の教育や家庭での女子のキャリアのあり方、本当に見直す時期にきていると思います。女子にこそ、STEAM や起業教育(Entrepeneurship) に早くから関心を持ってもらい、人生のオプションを広げて欲しいなぁ(引いては女性全体がイノベーターとしてより活躍できる未来が訪れるという夢も)と願っております。

Medium で更新されているブログに掲載されました。
Medium で更新されているブログに掲載されました。

Interview with The Girls on the Road Project

withgirlsontheroad
with Taci and Fernanda

This is one of those days when I thank the existence of social media and technology.  I got introduced to Taci and Fernanda, the two founders of the Girls on the Road, who are traveling around the world to build the most diverse source of female founder video interview library with hope of providing better access to role models and inspiration for girls!

OK, it is easy to talk about it but leaving your work, raising money, and doing this extraordinary projects for greater good for women and our world is just amazing!  I cannot wait for the day when the video library gets published!

Ladies in Singapore and Malaysia, they are on their ways!

Check out this video to learn a bit more about the goal of this project!

女性起業家のロールモデルの世界規模ビデオアーカイブを作るために、北米、アジア、アフリカ、ヨーロッパの取材旅行をされている the Girls on the Road のTaci さんとFernnanda さんにお目にかかりました。女性がより起業を身近な存在として捉えるにはあまりにもロールモデルがいないということを危惧したお二人が、会社をやめて、資金調達をし、世界中の女性起業家にインタビューするという壮大なプロジェクト!

思ってもなかなか出来ないことを行動に移されているお二人。自分ごとをみんなのために役立つプロジェクトにというピュアな気持ちと実行力に脱帽の出会いでした。微力ですがインタビューに参加という形でご協力させていただけて嬉しかったです!

ご興味あるかたは、こちらの Youtube ビデオをごらんください!

https://youtu.be/e_lgR1KpqM0

Meeting with Ben Nelson, Founder of Minerva Project

Photo with Ben Nelson

FutureEdu Tokyo team had a pleasure to meet with Ben Nelson, CEO and Founder of Minerva Project, together with Hideki Yamamoto, the Japan Ambassador of Minerva Project, and Or Segal, Sophomore student at Minerva Schools at KGI.

Ben is a successful tech entrepreneur, who previously served as a CEO of Snapfhish, an online photo service, which was later acquired by HP. And since 2012, Ben has followed his passion to reinvent higher education and started Minerva project, which operates Minerva Schools at KGI, a residency based 4 year traveling university with very diverse mix of student body.  78 % students come from outside of the US, which is quite the opposite of the elite universities in the US.

Minerva School Demographic Mix

Source:  Minerva Schools at KGI

For example, Harvard University only has 11% of its students from overseas.

Harvard Admitted Student Profile

source:  Harvard University website

There are so many unique things about how Minerva Schools, and I became a huge fan of Ben’s vision that we can reinvigorate Roman ideals of what university is truly about by starting from scratch (without legacy) with a group of super smart people and harnessing the power of technology.

Besides his big vision and diversity of the student population, other things I was immensely impressed were:

  • Nurture global leaders by seeing the world and studying with students from diverse nationalities and background:  Even though many top universities boast diverse student body, as seen on Harvard’s example above, Ben claims that the international students were added to the mix for the majority (i.e. American students), rather than the school positioned as a place for global talents.  One thing people notice quickly when traveling to the US is that the majority of Americans are domestic focused, rather than internationally minded.  Given ever more global nature of our world with more interconnected issues, their models of having smart, truly diverse mix of students studying in various countries can be one answer to more peaceful world.
  • Habits of Mind and Foundational Concepts to rewire kids in the first year:  The Dean and Chief Academic Officer of the school, Stephen Kosslyn, is a 30+year veteran at Harvard university and once was the Dean of Social Science at Harvard Unvierstiy.  He and the team have identified over 100 traits that are important to master in order to to the succeed and become leaders is 21st century.  In the first academic year, all the students are required to take 4 cornerstone courses to get their skill sets to equal footing.  It is a very structured curriculum, not Chinese menu!

4 Corner Stone Courses are:

Empirical Analyses focuses on thinking creatively. You acquire the ability to use the scientific method to frame problems, test hypotheses and engage in informed conjecture.

Formal Analyses focuses on thinking critically. You get deep training in advanced logic, rational thought, statistics, computational thinking, and formal systems.

Multimodal Communications focuses on communicating effectively. You learn effective reading and writing at a very high level, visual communication, public speaking, roles of art and music in communication.

source:  Minerva Schools at KGI website

  • Real Online Project Based Learning, not MOOCs:  Ben stressed the importance of Minerva’s online courses being very different from MOOCs, which tend to have very low completion rate of around 10%.  The key differences between them in my my understanding are: 1) Minerva has its own proprietary software which empowers professors to promote student participation and give real-time feedback vs their performance criteria.  The software creates heatmap, so that there is no dominant speakers, and everyone gets heard, 2) it caps students under 20 per project room, which helps everyone to participate (vs. 100+ students in normal university seminars), and 3) you learn online, but as a resident program, you work with peers offline.  With these 3 combined, students can benefit from more improved learning style with technology, while retaining the value of working closely with others offline.

We do not yet have an English translation, but for Japanese speakers, please have a look at the interview blog to see what we have learned from the conversation with Ben.