日本科学未来館主催の Picture Happiness on Earth でお話させていただきました

「Picture Happiness on Earth」は、「幸せってなんだろう?」をテーマに、アジア・太平洋地域の中高生と、日本の女子中高生がコラボレーションし、日本科学未来館の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」に映し出す映像作品をつくりあげるプロジェクトです。

正に、私がテーマとしている STEAM 女子を育成されている素敵なプロジェクトで、微力ながらコラボレーターとして、20分ほど、これからの時代に必要な力についてお話をさせていただきました。

質問では、「私はたくさんのひとに笑顔を届ける会社をやりたいのですが、いつ頃から始めるのがよいのでしょうか?」「今はレールの上にしかれた生活ですが、いつまでにはみ出すことを始めた方がいいとかあるのでしょうか?(はみだし力の大切さという話をうけて)」といった、頼もしい問いかけをいただきました。

多くの問題解決は人工知能などが担当してくれる未来に生きる子供たちこそ、STEAMの基礎体力と、没頭力、人とはちがう視点、チームを巻き込む力などのソフトスキルを徹底的に鍛えてもらいたいなと改めて感じた日でした。

世界の子供たちがプロジェクトを通じて繋がるという素敵な取り組みに関われて、日本科学未来館さんのますますのファンになりました!

Arts and Tech Active Summer Camp 2017 今年も始まりました!

昨年度に引き続き満員御礼のArts and Kids Active Summer Camp 2017、今年も始まりました!

今年は7月と8月に4日間で全2回の開催。

第一回は、ニュージーランドや香港から帰国中のお子さんや、ベトナムから本帰国されたお子さんなど、英語と日本語が飛び交い、とてもインターナショナルでアイデアに溢れる4日間になりました。

1−4年生12名は本当に個性豊かで、やりたいことが沢山あるアクティブキッズたち。Miro Art Lab のMiro先生やTeam Miroの方々と一緒に、子供のやりたいを起点に、スクラッチやスクラッチジュニアを使った作品作りや、Little Bits を使った街製作、光るカードやCoding Game遊びなど、幅広いあそびと学びを楽しみました。

第二回は8月末ですが、今からどんな笑顔に会えるのか楽しみです!

 

大阪の国産医療機器創出促進基盤整備等事業主催の研修会で「イノベーションの事業化への挑戦」についてお話をさせていただきました

7月7日(金)国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 にて「イノベーションの事業化への挑戦」のテーマで1時間お話をさせていただきました。

素晴らしい技術力とアイデアをもち、世界に挑戦されている医療器具の会社の方々や、東大阪市のモノづくりを未来型にアップデートさせようという心意気の方など、大勢の士気高い方にお目にかかれてとても素敵な機会をいただきました。

アメリカ商工会議所の7月号に、インタビューを掲載頂きました | Interview with American Chamber of Commerce

Thanks ACCJ for a nice summary of my career to date. I could have probably made smarter choices, but something inside me continues to empower me to create something new. Going forward, hoping to channel my energy to the future of kids’ learning in Japan and beyond. Humbling to challenge new domain at my age, but thanking inspiring colleagues and friends in sharing their insights, knowledge, and passion.

アメリカ商工会議所の冊子で、今までのあゆみとこれからについて、素敵にまとめていただきました。最近私は何をやってる人なんですか?と聞かれることが何度となくあるので、こちらを使わせていただこうかと思います 笑。やり直すんだったらとか思わず考えますが、色々なご縁でインターネットの黎明期に生き字引的に色々な経験をさせて頂いたのは、今思えば笑っちゃうような事も色々あり、ジェットコースターの20年でした。

日本が働き方革命というトレンドの中で、子供達が、性別に関わらず自分の力を出し切れる、そんな世の中作りの一助となればと思い、今後も泥臭く頑張っていこうと思います。

記事はこちら

Women: Full STEAM Ahead