「スマホリテラシーのすすめ」ワークショップ資料公開!

Global Moms Network (GMN)  にご招待いただき、小学校高学年生と中学生に向けたデジタルリテラシーのワークショップの講師/ファシリテーターを務めさせていただきました。

息子の学校でも4年生からコンピューターのクラスはありましたが、運転免許のように、スマホを持ってるからといって使い方の教習所はないし、学校でもイベント的な形以外では現在教えられているトピックではない。しかし、子供達は中学になると突然自由にスマホを持ち出し、LINEなどで仲間外れが横行したり、トラブルに巻き込まれる事件も頻発しているという現在。

そんな状況下で、私の今までの20年のネット業界の経験と、もうすぐデジタルコミュニケーションの荒波に入っていく子供達を持つ母親という立場と、FutureEdu Tokyo での 21世紀教育啓蒙活動を行っているということで、今日のワークショップ企画をご一緒させていただくことになりました。

6月に参加したISTEでもデジタル市民教育という授業が各学校で真剣に取り組まれており、情報交換も積極的にされていることに刺激を受け、この夏色々と調査をしてまとめたのがこちらの資料です。

教習所のように、事故を想起させるビデオを見せて危機意識を煽るという手法もあるのでしょうが、今回は基本に立ち返ることを念頭に、いかにトラブルに巻き込まれそうになったとしても、未然に防ぐ行動を子供達が自ら取れるのかということを念頭に、コミュニケーション、セキュリティ、権利と責任の3項目を中心にワークショップを実施しました。

2時間いただいた枠を使う勇気がなく、1時間とお伝えしていたにも関わらず、いざワークをはじめてみると、お子さん達も積極的に話し合う光景もあり、自分ごととして捉えていただくためのワーク時間をとった結果、100分で今回の内容をカバーしました。それでも道半ばなところもあり、それぞれの3項目を1〜2回のセッションでカバーするくらいじっくり子供達と向き合えると理想的だなぁと感じた午後でした。

久しぶりに晴れた午後の日に、休憩もせず、このトピックで100分つきあってくださったGMNのキッズ達の集中力は素晴らしかったです!後半に狩野さんからも子供達に人の多様性や今後の多様性社会での対応とスマホリテラシーの関係についてもお話頂きました。さすが、引き込まれる語り口で、とても勉強になりました!

この資料が、デジタル教育でお悩みの方に少しでもお役に立てば幸いです!

最後に、本企画をご提案頂きアドバイス頂きました、GMNの狩野 みきさんと、お招き頂きました竹村 真紀子さんに感謝です!

日進月歩で変わっていくデジタルの世界ですが、知識をきちんと持ちながら、愛と共感の心を忘れずに、顔の見えないコミュニケーションでも自分らしさを発揮し、安心して活用できる子供達が増えることが大切です。そのためにも、親と話が弾む年齢から徐々に子供達をデジタルの世界に慣らしてあげて、少しずつ失敗もしながら親子でリテラシーを身につける、そんな時代がきていると改めて感じた今日でした。

Interview with The Girls on the Road Project

withgirlsontheroad
with Taci and Fernanda

This is one of those days when I thank the existence of social media and technology.  I got introduced to Taci and Fernanda, the two founders of the Girls on the Road, who are traveling around the world to build the most diverse source of female founder video interview library with hope of providing better access to role models and inspiration for girls!

OK, it is easy to talk about it but leaving your work, raising money, and doing this extraordinary projects for greater good for women and our world is just amazing!  I cannot wait for the day when the video library gets published!

Ladies in Singapore and Malaysia, they are on their ways!

Check out this video to learn a bit more about the goal of this project!

女性起業家のロールモデルの世界規模ビデオアーカイブを作るために、北米、アジア、アフリカ、ヨーロッパの取材旅行をされている the Girls on the Road のTaci さんとFernnanda さんにお目にかかりました。女性がより起業を身近な存在として捉えるにはあまりにもロールモデルがいないということを危惧したお二人が、会社をやめて、資金調達をし、世界中の女性起業家にインタビューするという壮大なプロジェクト!

思ってもなかなか出来ないことを行動に移されているお二人。自分ごとをみんなのために役立つプロジェクトにというピュアな気持ちと実行力に脱帽の出会いでした。微力ですがインタビューに参加という形でご協力させていただけて嬉しかったです!

ご興味あるかたは、こちらの Youtube ビデオをごらんください!

https://youtu.be/e_lgR1KpqM0

Unreasonable Labs Japan 全国7都市説明会が無事終了!

ULJ Tokyo Info Session
東京説明会にて

http://picovi.co/KRjp2y

昨年度は東京のみでの開催だったため、今年は全国の方にもこのチャンスを!との思いで始まった全国説明会ツアー。8月の福岡を皮切りに、3週間で全国7都市をチームで訪れるという Unreasonable なプランでしたが、なんとかチームの皆さんの協力で無事終了することができました!

各地域でご賛同いただいた皆様のご協力で、100名を超える皆様に、今回のプログラムについて知って頂くことができました。今回趣旨にご賛同頂いた皆様に少しでも恩返しが出来るよう、チーム全員で良いラボを作っていければと思います!

社会起業という形態は、本当は未来には無くなるべきだと思っています。全ての企業が、事業の成長の根幹に、福祉サービスだけでは解決されない様々な社会課題を解決するKPIを財務的なKPIとは別に持つことが必須になる世の中になれば、世界中の会社があたりまえにみなさん社会企業=社会と真の共存共栄を目指す事業体となるわけですよね。

まだその日までは時間がかかると思いますが、今年のラボを通じて、そんなマインドの方々の成長を支援できることを楽しみにしております。

情報のシェアなど大感謝です!

Unreasonable Labs Japan 公式サイト: http://bit.ly/ULJ2016

応募はこちら! https://www.f6s.com/unreasonablelabsjapan/apply

9月25日のGlobal Moms Networkにて、狩野みきさんと共同セミナーを開催します

GMN マンスリー
「超一流の自信思考」、「世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業など、数々の「考えるひと」を育てる著書や、子供達向けのクリティカルシンキングワークショップを主宰されている、素敵大実力派ママ、狩野みきさんと共同でセミナー/ワークショップを9/25に開催させていただく事になりました。
 
6月にアメリカの ISTE カンファレンスに出席した際にも、Digital Chitizenship という、デジタル社会に取り囲まれる子供達が、良識をもって立派に使いこなせるようになるための教育が徹底していて、日本はまだまだだなぁと感じていたところ、お誘いをいただき大変感謝しております。
 
小学校の6年生くらいから、中学生にかけてのお子様をお持ちの親子の内容となりますが、ご興味がある方は覗いてみてくださいませ!
 
http://global-moms.iwcj.org/parenting/20160925.html

TEDxRoppongi and STEAM

TEDxRoppongi_Emi_Takemura

After months of sweat, anxiety, excitement, and collaboration, just finished delivering my first TEDx talk on “getting girls to be STEAMbitious”.  STEAM stands for Science, Technology, Engineering, Arts, and Math, and I wanted to share my idea to the world that encouraging girls to be immersed to STEAM education is crucial to  improve social status of women in Japan.

Japan is ranked 101 out of 145 countries in gender equality according to World Economic Forum’s report in 2015.  And women on a whole are missing the wave of technology, as only 1 in 5 students in Science and Technology fields are women and similar ratio goes for people working in the industry.  Meanwhile, there is a statistics that people in STEM fields tend to earn 33% more than those who are not in the STEM fields.

It was my hope in the TEDxRoppongi talk that more and more parents start encouraging girls in Japan to enjoy STEM related plays and activities by infusing more arts into the discipline, hence STEAM.

It was very encouraging to meet many attendees after the talk that they share similar concerns.  I know that this is only one small step, but I hope that I was able to ignite a few people’s hearts on importance, and we can join forces to encourage more girls into the fields of the future.

I do not mean to ignore the importance of language, history, music, and other disciplines.  But given the fact that everything we touch will be infused with technology, if we wish improved gender equality, we need to have more representation of women in the fields of the future.

Thank you TEDxRoppongi team on an amazing opportunity, and I not only learned so much by preparing for this talk but also enjoyed getting to know amazing people who are all trying to push envelopes for better future.